水のやわらかさ

軟水と硬水の違い

軟水と硬水。同じ水なのになぜ?

『やわらかい水』とか『かたい水』とか言うことを耳にしたり目にしたりし
たことはあるだろうか?同じ水なのに、やわらかいとか、かたいとかと
いう言い方をするのはなぜか?

水は水なのに・・・

たかが水、されど水、水にはミネラル分が入っている事によって、くせが
出てきたりすることがあり、一つの目安として『硬度』というものを設けている。

やわらかい水=軟水

かたい水=硬水

といった感じだ。

でも、なぜ分ける必要があるのだろうか?

もともと日本は軟水のおいしい水の国であったが、今では世界各国の
水が手に入る。

世界の水は日本の水とは違っていて、『お国変われば水変わる。』な
のだ。同じ軟水でも産地によって微妙に変わるのだから、全く違う国か
らのものとなると、かなりの変化が楽しめるものだ。

しかしながら、 軟水と硬水は、全く同じ扱いはできないもの。日本人の習慣
と、ほかの国の方たちの習慣の違いのようなもので、違いを知る事によって、
より体に良い使い分けができる。